ウィッツのつぶやき Vol.106

2019年11月03日

夕方家に帰ってきて不意に出かけた一日の仕事の後片付けをし、ワンコと遊んでからオーガスタの葉が奇麗だったので何とかあの色を撮れないか頑張ってみました。 ところが矢張り照明がないと色は上手く出ないのですね。 田辺に帰るとライトを置いてあるのですが、大阪にはおいていません。 残念ですが、部屋の光で何とかしないといけません。 色々考えてみるのですが、どうしても長時間露光になってしまうので、iPadでは手持ちでは難しいという事になります。 結局良い色が出ませんでした。 何とかバックと合わせて景色として捉えるより他無くなってきます。 こういう時、借景って良いですね。 私は窓の向こうに見える高層マンションのライトの配置が気に入っています。 これを何とか上手く組み入れ、そこに飛行機が入れば言うことの無い画像が出来上がるはずなのです。 ところが網戸が入っているため飛行機は奇麗には入りません。 この辺りは上手くいれようと思ったら可成りの細工が必要になります。 写真は奥が深いです。 自分的にはトリミングは出来るだけしたくないので、今迄アップしている写真は資料以外は全て生という事になります。 最近はキャプチャーという便利なソフトがあるのでどうしても入れたくないものはカットもできるのですが、それはカットせず別の写真で間に合わせることになります。 S氏は元々写真家でそれで糧を得ていたそうですから、色々教えていただけます。 私とは撮影のスタンスが違うので、そういう撮り方もあるのかという良い勉強になります。 見えるものを嵌め込む技術は如何に上手くシステムを簡略化するかという姿勢に繋がります。 他の人はこういうことを言うと何故全く関係の無い事をと訝(いぶか)りますが、実は自分的には全く同列に並ぶのです。 何をするにも上手くまとめる事には共通の思想があります。 問題はその技術を磨くという事ですね。 昔から一芸に秀でたものは全てに通じると言います。 奥義とか極意とか言うものですね。 簡単に言ってしまえば哲学ですが、宗教では置き換えることのできないものがそこにはあります。 焼き物も、絵も、写真も皆同じですが、構造計算や水の流れ、見えないモノの動きもまた同じ思想のもとで考えることができます。 宮本武蔵は武三と呼ばれた乱暴者から剣客に成長した時、絵も書もまたよくしたと伝えられています。 何事も極めれば全てに通ず、です。 参考にしたいですね。



CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.