ウィッツのつぶやき Vol.1093

2020年04月16日

0時50分頃の事でした。

滅茶苦茶リアルな夢を見て起きてしまいました。

内容的には訳のわからないものなのですが、夢を見て起きてしまうなんて久し振りの事でした。

夢の話ですから辻褄も何も合わないのは当たり前なのですが、なぜか実家の風呂に入っていたのです。

相方が風呂の栓を抜いて殆ど10㎝くらいの所まで水位が下がっていたのですが、何故かその風呂に私が入って浸かるのです。

当然尻の辺りがやっと濡れるくらいの水位だったのですが、浸かっているうちに腹の辺りまで水位が上がってきたのです。

その湯は何故か落ち葉のようなものを含んで下水のように見えました。

不思議だなと思って、浸かっていると一気に水位が上がり、湯船が溢れ始め、それだけではなく風呂の入り口が開いて、そこからも暖かい濁った湯がそれこそ雪崩れ込んできました。

湯の入ってくる方を覗いてみるといつも父親が寝ている居間の畳が大きくめくれ上がり、床が割れてそこから湯が噴き出してきています。

じっくり見ると床下に湯船のようなものがあってその底が割れそこから湯が噴き出ているようです。

溺れるかと思った瞬間目が覚めました。

一体何だったのか、目が覚めると妙に興奮して眠れませんでした。

こんなこともあるのですねぇ。

取り敢えず記録だけしておこうと書き留めておきました。


CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.