ウィッツのつぶやき Vol.1154

2020年04月22日

蕾が開いても一日で萎んでいく花もあれば、徐々に形は変えつつも一つの花で何日も頑張っている花もあります。


https://www.yomiuri.co.jp/science/20200421-OYT1T50159/?fbclid=IwAR35cfH_nPOV4GZpzjLgv0SrzG3Fwon2nNwTrCZ8TB_XVCscznyuOpvceUA


こんな記事がありました。

巨大地震を予想して、出来るだけ被害が少なくなるよう検討を急ぐことを促しているのです。

幾ら検討してもできることは限られています。

社会インフラを地震に間に合わせて改善するとして、どれだけの予算を見積もれば良いのでしょう。

耐震基準を変えるだけで膨大な規模の改良が必要になります。

その改良を何年計画でやるつもりなのでしょうか。

しかもこの検討は関東に限られています。

関西は日本ではないのでしょうかねぇ。

被害想定をするだけなら別に関東だけでも良いのですが、その先が早く知りたい所ですね。

でも本当に知りたいのは、それだけの災害が来て本当に生き残る術が有るのかという事と、生きのこった後どの様な生活が待っているかという事ではないでしょうか。

生きのこっても避難所で厳しい生活を強いられ、苦しみの中で死んでいく被災者が数多いのは既に皆が知っているところです。

本当に検討が必要なのは避災想定も勿論ですが、被災後の生活の手段確保ではないでしょうかねぇ。


CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.