ウィッツのつぶやき Vol.1276

2020年05月03日

何もすることが無くなると古いものを引っ張り出してきて色々やってしまいます。

「法面崩壊に限らずどの様な現象もバランスの不均衡に拠って発生します。

法面崩壊の発生要素は重力、土質、摩擦、地下水、植生などですのでこの現場での特に大きな要素は重力、地下水、摩擦抵抗になると思います。

雨が止んで法尻から水が抜けていきますと当然法下は軽くなります。

頭でっかちになった法面は安定を保とうと滑ろうとしますがすべり面の延長に働く摩擦力の為滑ることが出来ません。

地下水が徐々に抜けて法面の落下しようとする力が摩擦力に勝った時点で法は滑り始め一旦勢いのついた法面は均衡が保てるところまで滑ってしまいます。

この現場の滑りは木も揺れていないように見受けられますのでそのような要素が大きかったかと推定しました。」

地滑りの方についつい目が向いてしまうのですね。


CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.