ウィッツのつぶやき Vol.1296

2020年05月05日

一寸曇っているようですが、今日は端午の節句、こどもの日です。

私が子供の頃は山にサルトリイバラの葉を採りに行って母がかしわ餅を釜で蒸して作ってくれたものでした。

あんこも子供が手伝いながら母が作ってくれて何もかもが自宅でできていたのです。

今時小豆からあんこを焚ける家庭は少ないかも知れませんし、ましてや葉っぱを子供と一緒に山に採りに行く親もいないでしょう。

あんこや葉っぱを買って来たとしても、蒸し器で自前のかしわ餅(私たちはイビツと言っていました)を蒸す家庭は少ないでしょうね。

ふと大昔の事を思い出してしまいましたが、もう60年以上前の話です。

かしわ餅を作ってくれた母も既に亡くなりましたが、落ち着いて考えてみたら私も齢70近く、年を取ったものですね。


最新記事

すべて表示