ウィッツのつぶやき Vol.309

2019年12月16日

ロストワールドを体験した自分にとって今までは幸せだったのだと心底実感しました。 市の庁舎は大きくて立派で道路も周辺だけは良いのが付いていましたが、産業道路は通過点という感じでした。 そういえば自転車を取りに行ったあの周辺も似たようなものでした。 煤煙と家内工業と言った感じの小さな工場だけが細々と生きているという感じです。 球場周辺もイオンがあるくらいでしたからねぇ。 後はボサッと民家が並んでいるのです。 人なんか歩いていませんから道を聞くにも聞き様が無いのです。 昼間の周辺地域なんて本当にゴーストタウンという感じですね。 そんなことを言うと老人世代に叱られるかも知れませんが、考えてみたら自分ももう老人世代です。 私の場合はこういう悲壮感を感じないで過ごしてきただけ運が良かったのでしょうね。 今になって凄い寂しさを感じます。 日本の発展って一体何だったのでしょうね。 みんな何が欲しくてこういう生活を続けていたのでしょう。 感覚も違う筈だと今になって感じました。 みんな本当は自分が過ごしてきたこういう生活からほど遠い所で生きてきたのかも知れません。 だから車を持ち、遠くて小さくても良いから家を持ち、虐められながらも歯を食いしばって仕事をしながら生きてきたのでしょう。 考えたら生き地獄ですね。 これでは普通の人でもおかしくなるのが当たり前です。 これに耐えられるというのは余程の強靭な精神力の持ち主ですね。 日本人が世界から普通じゃないと思われているのはこういう事だったのです。 やっとわかりました。 ウサギ小屋とかちょんまげ眼鏡とかそれこそ言われたい放題言われてきましたが、これは矢張り普通の感覚からは異質です。 ごく一部の日本人も恐らくこのような現実は知らないでしょう。 だから色んな事件を起こしながらでも回っているのでしょうね。 44歳の息子を何十カ所も刺して殺した農林水産省元次官が居ましたが、あれが今の日本を象徴しているのかも知れません。 事件にならないだけで、殆ど似たり寄ったりなのでしょう。 怖い時代です。



CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.