ウィッツのつぶやき Vol.316

2019年12月18日

写真がこれだけで終わっているのは簡単に言えばせっかく持って行ったのに肝心な時に真っ暗になってしまったからで、本当に肝心なところで駄目になってしまいました。 結局今日は二台持って行っていたのでトラブルなく写真は撮れたのですが、仕上がりは矢張りかなり違います。 古いiPadは矢張り写真そのものが違います。 勿論ピクセルも違うからですが、こうして見ると世の中は知らないうちにどんどん進んでいるのですねぇ。 感心してしまいました。 新しい方のiPadはauに持って行ったら回復していたのですが、色々検査してもらった結果、交換になるべきトラブルが発生していたという事です。 これが判ったのは実は今年2月に新しく出来たコーナーで判別できたからでそこの担当さんは一年半東京に行って研修を受けて来たそうです。 他の所ではまだこの判定法は確立できていないそうで、2月以前だとこのトラブルは分からなかったという事でした。 今回は立命館大学M2の学生さんに確認してもらっていたので、以前のようにショップでトラブルが認められなかった場合でも症状が起きたことを証明してもらうために電話番号を交換していました。 でも結果としてその必要はなく、今の検査法はある種の暗号記号数字が連続して出れば交換トラブルという事になっているそうです。 以前から色んなトラブルが発生し、その度にショップに行ったときには回復していて症状を認められずにいましたが、これからはそういうトラブルも少なくなりそうです。 今回は良い勉強になりました。



最新記事

すべて表示