ウィッツのつぶやき Vol.388

2020年01月05日

古いiPadで撮っても一寸した光があればそれなりに奇麗に撮れていたのですね。 日の出前の空を撮った時にこんなに明るく撮れるとは正直思っていませんでした。 こんなに撮れるのなら一寸したテクニックが必要だったですね。 廊下を入れた写真がその写真ですが、こうしないと早朝なのか一寸曇った昼間なのか写真を見ての判断が難しくなります。 勿論夕方でもそうですが、スチールの時ならこんな気遣いは確か要らなかった筈ですね。 面白い写真に仕上がりました。 技術が進んで表現が逆に難しくなる場合もあるという事ですね。 勉強になりました。



最新記事

すべて表示