ウィッツのつぶやき Vol.394

2020年01月06日

人生も長い間やっていると、とんでもない出来事に出会うものですが、まさか今日がそのとんでもない一日になろうとは思いもよりませんでした。 仕事始めでもあり、「【けいはんな学研都市】12月9日開催 大阪府大・和歌山大合同工学研究シーズ発表会」をタイトルとした案件を手配し、グランフロント大阪のauに新しいiPadを修理に出そうと段取りをしていたのですが、先に和大の案件をと思い、「大阪府立大学工学域・工学研究科支援グループ」に電話を入れ研究室に繋いでいただく電話を待っていたのです。 もう今となっては待っている間だったかその後だったか覚えていないほどに狼狽える事態が発生したのです。 それが何であったかは公には書けませんが、恐らく1万人に一人もこういう経験はしたことがないと確信ができます。 色んな条件が重なったのか、偶然なのか、それともそれこそ必然であったのか自分には全く分かりませんが、結果として今のところほぼ全てが丸く収まることになったのです。 ただ、丸く収まる迄にも色々ありました。 一つが自転車のブレーキでした。 家を出る時、本当なら新しい自転車で出る所だったのですが、慌てていたこともあり午後商工会議所に行く用事があったので、ブレーキの壊れた自転車を先に修理しておこうと古い自転車で出たのです。 近所の自転車屋で直してもらったのですが、手で掛けただけで済んだので500円支払って安心して出発したのです。 旭郵便局の坂を下りて交差点に差し掛かった時、歩行者が飛び出してきたのでブレーキを掛けたのですが、そのブレーキが直したばかりなのに外れてしまって全く効かなくなってしまったのです。 思わずハンドルで避けましたが、車道に出てしまったので死ぬかと思いましたね。 大阪のお年寄りの女性は右も左も見ることなく好きなように動くことがよくあります。 今日も二度あったのですがそのうちの一つがこれでした。 おばちゃんの飛び出す距離も距離ですが、その瞬間に直したはずのブレーキが外れたのです。 トラブルは続く時は続くものです。 緊急事態の対応を済ませて帰ってきて自転車屋のおばちゃんに「死にかけたわ」と一言言って、「ワイヤーが駄目なら交換するか」と言ったのですが、取り寄せになるからというので向かいの自転車屋に行くことにしました。



CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.