ウィッツのつぶやき Vol.396

2020年01月06日

写真のワンコが写った缶バッジの時計ですが、こういうのを作って売っていた時期があるのです。 これはその名残ですが、気に入っているのでいまだに側に置いて使っています。 これと同時に作っていたのがTシャツや暖簾等に絵を付ける、印刷や転写や貼り付けやアイロン焼き付け等の絵付けです。 プリンターやプリンターカッター、焼き付け器等イラストレーターやフォトショップなどを駆使して色んな絵を表現していました。 遠隔操作を開発したのもこの頃で、刺繍では何度か実験もしたことがありました。 これは今に通じる技術でもあり、5Gの時代が来れば産業用に絶対使える技術となります。 一部同じ手法を用いて今作っている被災時の避難用アプリも完成させることができます。 どの様なものを作るにしても原理はごく少ないものです。 土木の技術も同じで、土の性質を利用したものなら直壁工法もナトム工法も原理は摩擦を利用したものですから、その内容は複雑に見えても式の原理は一つで済みます。 同じ理屈で橋やカルバートの原理が判れば、高層建築等屁みたいなものです。 今は専門家が多いから鋼橋とコンクリート橋とボックスカルバートは同じ土木の設計者でもできる人とできない人が居るようですし、土木の人は恐らく建築の設計には手を出さないと思います。 でも土木の設計ができる人なら建築なんて意匠を除けば殆どアホみたいなものとなります。 法律でも似た様な専門家がいて、専門外だと何も知らないのが当たり前のように言われています。 そんな事だから言われたことも分からずオロオロしてしまう法律家が出てくるのでしょう。 検察もやり弁護士もやり優秀だと言われる人でも、一つ間違えたら信頼関係が崩された等と言って狼狽えてしまいます。 自分が悪いとは絶対言わないですね。 仕事は結果です。 牢屋から出した結果が国外にまで出してしまっては何をかいわんやです。 それをシステムの所為にまでして、恥だと思わないのですから法律家はどこまでも厚かましい。 ニュースを見ていてアホらしくなりました。



CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.