ウィッツのつぶやき Vol.61

2019年10月16日 人のつながりというのは面白いものですね。 今日はウォーターメーカーのメンテナンスで吹田に行ってきましたが、そこで色んな話の繋がりから趣味の大型トライクの話になりました。 実はお客さんの一人が中国製の大型トライクを購入したのですが、エンジンが不調でまだ修理中だというのです。 結構な金を出して、購入後もうずいぶん時間が経つのですが、まだ乗車できていないというのです。 私の知り合いに矢張りドイツ製の大型トライクを購入した人が居てその人はもうずいぶん走り回っていて私が重単で走り回っていた頃、高野龍神スカイラインで出会ったこともありました。 私は今はもう単車には乗っていませんが、当時の単車友達はまだ走っている人もいます。 その中の一人が今回の事業のお客さんになり得るということで話が思わぬ方向に進みました。 思わぬ方向と言えば、その話も絡んでなのですが私が最近知り合った面白い人をまだ24歳の若者に紹介することになり、メンテナンス終了後アポを取って天王寺までその人に会いに行ってきました。 その人は今日はインテックス大阪に展示会を見に行っており、今日の成果を紹介してくれました。 その中に粉体工業展開催の情報があったのです。 http://www.powtex.com/osaka/event.html この展示会は何度か参加したことがあるのですが、今回は案内が来ていなかったので、気が付きませんでした。 彼は「第7回ファベックス関西2019」「第7回関西デザート・スイーツ&ベーカリー展」http://kansai.fabex.jp/?gclid=Cj0KCQjw_5rtBRDxARIsAJfxvYCYb2QSOgpCPPIKN2Tj_Cq6eUO2yZxTLeyg8zVBa6UStHi_K5tQ63waAgOsEALw_wcBに行っていたみたいで、色々と資料を見せてくれました。 粉体工業展の方は見たいものがあるので、申し込んでおきましたが、人とのつながりの面白いのはこういう所ですね。 特別にそれが目的ではないにしても、話していくうちにどんどんと話が広がっていくのです。 24歳の彼とはホームページの解析のことで新しい知見を得ましたが、吹田から天王寺に行く車中での話から出てきた情報でした。 結局何事も無駄な事はないという事です。 出会いや機会を大切にしていると自分にとって有用な情報が転がり込んでくるものです。 犬も歩けば棒に当たると言いますが、如何に時間を有効に過ごすかは、限られた時間と出会いを機敏に捉えより的確に自分の利益に結び付けることができるかという事ですね。 無から有を生み出すとはそういう事だと思います。




最新記事

すべて表示