ウィッツのつぶやき Vol.626

2020年02月06日 家屋の解体も昔は機械を使って叩き壊す感じでぼろくそでしたが、今は時間がかかりますね。 ゴミの減量化から分別が進み、再利用できるものは再利用することになって、丁寧な解体が進められるのが普通になりました。 この写真の家ももう随分の日数が掛かっています。 解体作業に金がかかる筈ですね。 古家を相続するのも大変な時代になりました。 建て替えてマンション経営と言っても最近では余程設備を良くしないと地の利があっても入ってくれませんからねぇ。 おまけにあの土地の広さでは鉄骨やRCにしたらとても採算に合いません。 解体後はどうするのでしょうね。



最新記事

すべて表示