ウィッツのつぶやき Vol.94

2019年10月31日 腰の痛みを押して頼まれた病院に行ってきましたが、帰ってきたら腰が壊れていました。 体調管理には十分気をつけたいと思っているのですが、想いと実際はなかなか並び行くことはないみたいです。 無理がきく間はついつい無理をしてしまうのが人間の性なのでしょうか。 壊れてしまった腰を抱えながら、これ以上の痛みを知っているだけにそこまではまだ大丈夫と思ってしまうのですよねぇ。 病院から帰る途中、菊の花と柿の実に出会いました。 秋の優しさに触れると気持ちも和みます。 ついつい立ち止まって写真を撮ってしまうのですね。 忙中閑を楽しむ。 忙しい中にも余裕を見つけることは大事な事ですが、体に痛みを感じていてもまだこれよりきつい痛みがあったと今以上の痛みを経験した体を思い出すことがよくあります。 人間ってそういうものなのかも知れませんね。 自分達の一世代前の先輩たちは今の自分以上の苦しみを味わって限界を超えて屍を野に晒してきた訳ですし、ここが限界などという事は死ぬ寸前までは無いのかも知れません。 今の自分は幸せだと思う気持ちがあれば、少々の苦しみは寧ろ喜びに変わるものなのです。 想いがあれば通じるものが出て来ます。 無理を承知で始めたことならば、何が何でもやりぬかなければなりません。 出来上がる迄は、あと少しの辛抱ですね。 構想はどんどん固まってきます。 後は兎に角、形になる迄前に進むだけですね。





CONTACT

本店   〒646-0051 和歌山県田辺市稲成町701-13

​大阪支店 〒534-0013 大阪府大阪市都島区内代町2-6-15-401

福利厚生代行業 | 有限会社ウィッツ | © 2019 WITS,Ltd.